夏 脇汗対策

夏に向けて、今から考える脇汗対策

夏場のデート中、脇汗を気にせず楽しむためには今からの対策が有効です。
まず、脇汗をかく原因ですが、ストレスや冷え性、運動不足などが挙げられます。

 

ストレスを無理に発散させようとすれば、新たなストレスの原因になりかねませんから、これに関しては大らかな気持ちで受け止めましょう。

 

事実をとりあえず受け止めて、自分の中で消化できるまで保留すればいいのです。あせらず目の前の出来事や悩みについて、考える心の体力があるときに考えていけばいいのです。

 

冷え性ならば生姜湯を飲む、半身浴をする、などで改善できます。
なお、半身浴は脇汗、脇の匂い対策としても有効です。水分をとりながらじっくり体を温め汗を流すことで、嫌な臭いの汗を抑える効果があります。

 

運動不足は肥満の原因にもなり、肥満は冷え性、ひいては脇汗の原因になりますので、出来ればこまめに運動をするのがいいでしょう。

 

まずは軽めのストレッチで体をほぐし、一日二十分でも運動をすれば体質はかなり改善されます。有酸素運動で健康的な汗を流せば、ストレスの解消にもなります。詰まった汗腺を開ければ嫌な臭いの汗をかきにくくなりますし、良いことづくめです。

 

冷え性であり、ストレスが多く運動不足の女性に多い便秘もまた、脇汗、脇臭の原因になります。便秘もまた、軽めの運動で改善できます。

 

ただし、運動時の水分補給は大切です。運動で腸を刺激し、腹筋を鍛えて水分を十分に摂取すれば、便通は改善されます。便通が良くなれば体内の老廃物が脇汗から出ることもなくなり、臭いは抑えられます。

 

体質が改善されても、気温が高ければ当然汗シミは出来ます。嫌な臭いはなくとも、汗シミは抑えたいものです。そこで、脇汗シートをおススメします。

 

透明なフィルム状のシートを脇に貼れば、脇の見えやすい服を着ても目立ちにくく、ストレスを感じずに平気な顔で居られます。
肌の弱い方やシートを貼るのに抵抗がある方には、定番の脇汗パットをおススメします。ノースリーブ用のパットもありますので、脇汗体質でも気にせず脇を出しておしゃれを楽しめます。

 

そして脇汗対策の定番、制汗剤を使いましょう。スプレータイプや塗るタイプがありますが、外出先でも使用することを考えれば塗るタイプが使いやすいです。

 

家を出る前なら気にせずスプレーできますが、外出先では抵抗があります。たとえばトイレなどで脇汗が気になったとしても、スプレーの音は隣の方に聞こえそうです。塗るタイプならばその点安心です。

 

以上、夏に向けて今から出来る対策でした。

 

関連記事:両脇の汗臭さ対策!日々のちょっとしたケアのこつ